土曜日でも電話確認なしで借りれる消費者金融のその方法について

消費者金融でキャッシングを利用していることは勤務先の同僚には知られたくないと思うのはどんな方でも同じです。

最近ではキャッシングのイメージも広告効果で良くなり、スマートフォンを使って利用する若い方が増えているようです。今月予定よりも出費がが多かったから足りなくなった生活費を補うためにキャッシングして次の給料日返済するという方や、定期預金を崩したくないから、貯金はあっても少額の借入れをする方など。昔のようなたくさん借りすぎて返済できなくなるような利用の仕方は今時ではないようです。パソコンやスマートフォンで利用できるというのもライトな感覚の要因と言えます。

 

とはいえ未だに消費者金融のキャッシングは借金でしかないと捉えている古い考えの方もいるのも事実です。勤務先への電話確認はそんな古い考えの上司や同僚にバレてしまうかもしれないということでどうしても不安です。

 

在籍確認は消費者金融キャッシングの審査で必ず行われますが、キャッシングの利用条件として毎月の安定した収入があるということを確かめるために勤務先に電話をかけます。なので会社の休みの場合、平日に行われます。

 

土日の週末に申し込んだ場合は、月曜日まで待たなければなりません。在籍確認の電話連絡を行わないと借り入れができないとなると、週末に申込んでも意味なしということになります。

 

実際に会社に勤務しているので、在籍していることを確かめてもらうのは全然大丈夫なんだけど土日は在籍確認ができないのか、というとそんなことはありません。電話以外に在籍確認をする方法はります。

 

在籍確認の電話ですが、消費者金融を名乗って電話をかけてくるようなことは決してありません。そこは誤解しないでいただきたい。

申込みをしてくれたお客様のプライバシーを守る義務が消費者金融にはあるので、周囲にバレるようなことはありません。安心して下さい。電話をかける担当オペレーターの個人名を名乗って電話をかけてくることになっています。

ですがそれでも、会社の事情によっては、普段かかってこないような電話はすぐバレるという会社もあるようです。

 

まずは、パソコンやスマートフォンなどを利用してインターネットから申込み。
消費者金融の公式HPから申込みの後に「申込確認」のメールが届きます。

そこに「必要事項」の欄に「職場への電話確認以外の在籍確認をお願いしたい」と必ず記入してください。

 

「電話なしにしたい理由」を確認するために電話がお客様の携帯電話にかかってくることがあります。そこで丁寧に理由を伝えることができれば大丈夫です。審査の内容によっては、確認なしで、すぐに電話回避を受理される場合もありますが、まれです。

電話確認なしで在籍確認を審査してもらう場合の提出証明書類

運転免許証  源泉徴収票  個人事業主の場合は確定申告書(写し) 会社の健康保険証

 

以上の証明書をあらかじめ用意しておきましょう。提出書類はメールに添付して送ることですぐに審査されます。状況によっては追加で書類が必要になるかもしれません。
インターネットからの申し込みなら、書類をスマートフォンなどの写メで送信することが出来ます。その際は写真に数字や文字がしっかり読み取れる状態にあるかを確認してから送りましょう。撮り直しの連絡が来てしまうこともあります。

 

これで、土日の申込みでも在籍確認はありの電話連絡なしで即日融資も可能になります。

※ただし、審査の内容によっては、お客様のご希望にそえない場合もあります。

キャッシングなら土曜日でも申込みから借入れまで電話確認なしで可能だから即日でも対応してくれる安心な消費者金融の紹介土日でも電話確認なしで借りれる消費者金融のその方法について